ワニミのブログ

(ダメゲー ウォーカーのマニアックな日記)
ゲームのこと、日々のこと、いろいろ。自分に向けた、ハ ナ シ 。
「言論の自由、表現の自由、思想信条の自由のある民主主義体制に感謝しつつ。」
Sorry, Japanese language only.
史実再現性の効能
OCSシステム解説
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)

○シミュレーションゲーム(SG)の史実の再現性について考えました。

・SGは戦史に則してシミュレートしているのだから、史実との関係は切っても切れない訳で、重要な要素ですよね。

・「歴史性が高い!」とか、「史実に反している!」とかの意味が判るといいな。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSシステムの効能 | 22:21 | comments(7) | - |
ちょっと思うこと。
外務大臣、麻生太郎氏のWEBページを見た。

国際政治は、学校の教室らしい。
・アメリカは、『番長』で、
・フランスは、『級長』、
・日本は、『イジメラレッ子』になるらしい。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | せいじのこと | 15:13 | comments(0) | - |
娘×2にも大人気!
たかさわサンのページから、イロイロ回っていたら、凄く"かわいい"のを見つけました。

やわらか戦車王冠

これは凄い!
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | そのほかのこと | 00:29 | comments(5) | - |
OCS者への道
ワニミはOCS修行中です。
(自称、「ワニミ@OCS者心得」です。)

では、いつ一人前の"OCS者"に成れるのでしょうか?

いつか成れるといいな。楽しい
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ゲームのこと | 02:41 | comments(4) | - |
スパムメール対策
以下、同文。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | そのほかのこと | 23:30 | comments(2) | - |
ゲームの楽しみ方
ゲームの楽しみ方はひとそれぞれです。

では、ワニミの楽しみ方は?
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | +プレイスタイル | 00:59 | comments(6) | - |
チル河の戦いリプレイ(0)
チル河の戦いリプレイ
Operational Combat Series:Enemy at the Gates(The Gamers/MMP)
Scenario 3:The Chir River Batlles
チル河の戦い全景
写真:チル河の戦い全景

最近、体調が良くない。
本当は、新タイトル(GB2)に移行したい所だが、体力的制約からEatGのミニシナリオに再挑戦で我慢しておこう。

初見では見えなかった何かが、"見つかればそれはそれで良し"、"見つからなければそれはそれで良し"としておこう。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++チル河の戦いリプレイ | 22:15 | comments(2) | - |
モリツチ様、ご来阪(060115)
モリツチさんが来阪。
戦艦「大和」を撃沈せよ決戦!ア・バオア・クー
写真左:戦艦「大和」を撃沈せよ!(開始時)
写真右:決戦!ア・バオア・クー(終了時)

自作の水上戦「ソロモン夜襲戦」(オリジナル)と
自作のSF作戦戦術級「機○戦士 ガン○ム 決戦!ア・バオア・クー」(オリジナル)を対戦。
今回も大阪MEの例会(森之宮)にお邪魔して、1卓をお借りしてのプレイです。

より詳しくは、こちら王冠でご覧いただけます。
----------------------------------------------------
最近、ワニミはOCSの喧伝、練習の縁で、大阪MEに出入りしています。
(大阪MEには、わが尊敬する"AFマスタ"のテーブルがあります。
"AFマスタ"のホームグラウンドにつき、割り込み中です。)
----------------------------------------------------
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ゲームのこと | 23:14 | comments(2) | - |
戦力係数の効能
OCSシステム解説
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)
戦力係数の効能
写真:自作の数値修整一覧表

戦闘部隊の戦力は形態(モード)や種々の条件で修正されます。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSシステムの効能 | 21:55 | comments(0) | - |
ブログの反響
最近、反響と言うか、影響と言うか凄くて怖くなってきた

ワニミはサークルに所属せず、ソロプレイばかりだから、孤立しそうで怖い
どなたか、援護射撃をお願いします。

「クソゲーを変に喧伝しやがって、無駄にコストを使ちっまったじゃねーか、バカ野郎!!」とか言って来たらどうしよう?
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ブログのこと | 23:40 | comments(4) | - |
EZOCの効能
OCSシステム解説
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)
EZOCの効能
攻撃可能な部隊はZOCを持ちます。
敵のZOC(EZOC)の効能をまとめてみました。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSシステムの効能 | 20:01 | comments(27) | - |
OCSの矛盾点(その2)(v31)
OCSシステム解説
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)

OCSの良いことを書くと、「ヤラセ」で、矛盾点を書くと、大反響王冠(って、お二方だけ、なんだけど)。
モノを書くのってホント難しいですネ。
(なるほど、否定的な論調でモノを書く方法論も理解できますネ。)

さてこの切り口、反応が凄い(って、...)ので、もう一点。
---------------------------------------------------
矛盾点なので、定量的評価までは踏み込んで評価していない。
あくまでも定性的な評価までで、"有る/無い"、"2者を比較して大きい小さいの順"までで評価したい。
ハードウェアのカタログデータに拘った、数値評価までは知識も無いし、興味もありません。

---------------------------------------------------
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSシステムの効能 | 04:40 | comments(2) | - |
"続きを読む"って実は。
ブログのアクセス数を稼ぐのに、
続きを読む >>
が、良い方法なんですネ。

トップページで全部判ると、カウントは1回。
でも、個別のページに行くと、それぞれで1回なんですね。
(集計の方法によるんだろうけど、ココはそうみたい。)

記事が大きいから、ページを分けるんじゃなくて、カウントを稼ぐためなんだ。
(「今ごろ気づくなんて、バ○な奴」です。)
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ブログのこと | 17:22 | comments(0) | - |
EatG売り切れって
サンセットゲームズで、EatGが売り切れてたと思ったら、在庫が戻ってる。

今度は、岡山で売り切れてた。

EatGって今でも少しは売れてんだ。
ふ〜ん。

CB−Eの出る日も近いかも。
| 鰐見(ワニミ) | +OCSのこと | 05:16 | comments(0) | - |
戦争の大きさ
OCSを離れて、世間のゲーム事情を見てみましょう。

日本の誇る国際派デザイナ:山崎雅弘氏のブログ王冠で、モスクワ戦の企画が載っていました。
(こう言うのって、勝手にリンク貼ったら、怒られるカナあ?)

大変、面白そうです。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ゲームのこと | 03:30 | comments(0) | - |
CB−Eの発売
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)
の新作に、
Case Blue Extension」というのがリストアップされています。

どうやら、「青作戦」 それもコーカサスを戦場にしている様です。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | +OCSのこと | 21:51 | comments(0) | - |
また、2-ち-ゃ-ん-ネ-ル
2-ち-ゃ-ん-ネ-ル
■ウォーゲーム・シミュレーションゲーム総合39■王冠
で、OCSが話題に上がっています。

大変、すばらしいです。(なんせ、ゲームの話題ですから。)

でも、一言。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ゲームのこと | 06:48 | comments(7) | - |
木を見て、...
木を見て、森を見ず。

森を見て、山を見ず。

山を見て、大地を見ず。

大地を見て、星を見ず。

星を見て、世界を見ず。

世界を見て、人を見ず。

人を見て、木を見ず。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | そのほかのこと | 07:06 | comments(0) | - |
著作権
著作権の侵害が心配だ!

OCSのルール説明や数値情報は当然、著作物な訳で無断でブログで紹介すると、
「機会損失で損害が発生したので、補償して欲しい。」とか言われたらどうしようか?

ダメな所はいつでも消しますので、言ってくださいね。社長
って、吹田のじゃないよ。ボストンのだよ。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ブログのこと | 06:21 | comments(0) | - |
駆足作戦リプレイ(3)
Operational Combat Series:Enemy at the Gates(The Gamers/MMP)
Scenario 8:Operation Gallop リプレイ解説

駆足作戦 第7Turn決戦
写真:駆足作戦 最終決戦後

最終ターン先攻の赤軍は、前ターン後攻と合わせてのダブルムーブで遂に、スターリノ市街の一角(大都市HEX)に食い込む。
============================
一通り、シナリオをプレイ終了しました。
結果は、最後の1ダイスに恵まれた赤軍の勝利でした。
(あと、全体に赤軍の砲撃の目が異常に良かった。「砲兵は戦場の神ナリ。」ゴロゴロゴロ。)

それにしてもまだまだ、プレイが未熟ですね。
まず、戦線が引けてません
それに自軍のプレーヤーターンに全部動いてしまうので、対応期に予備が残っていません

尚、このシナリオは(タマタマ)、バランスが、凄く、とっても、かなり良いので、相当にお勧めです。
(OCSのシナリオは原則、バランスが危険です。ご注意ください。)
============================
OCSはシナリオプレイの間中にも、戦況のイメージが大きく揺れ動きます。
・始めに赤軍は、独装甲師団の数に赤軍のこの戦力で前進できるのだろうか?(0Turn)
・次に独軍は、赤軍戦線の後方に残された、装甲師団を救出しないと、とても戦力が足りない。(1Turn)
・次に赤軍で、救出に来た装甲師団が後方を滅茶苦茶にしてしまうのではないか?(3Turn)
・この後独軍で、ダメだ装甲師団だけでは赤軍の包囲環から帰れない。(4Turn)
・砲兵の6ゾロ連発で赤軍が、よし装甲師団が壊滅したこのまま、市街まで一直線だ。(4Turn)
・所が赤軍で、ダメだ大都市&3Lv塹壕は落ちない。(6Turn)
・最後、この一振りで決着!!(7Turn)
でした。
結局OCSは、1回のダイスロールが5d6で、この振り幅が大きいので、一喜一憂できる(してしまう)所が、楽しさなのでしょう楽しい
============================
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++駆足作戦リプレイ | 02:53 | comments(0) | - |
駆足作戦リプレイ(2)
Operational Combat Series:Enemy at the Gates(The Gamers/MMP)
Scenario 8:Operation Gallop リプレイ解説

赤軍は駆足作戦の初動に置いて、ドネツ河東岸に配置の独第19装甲師団の背後との連絡を遮断した、また、渡河点2)Lisichansk地区でも強行渡河し独第3装甲軍団HQを包囲した。

独軍はロフトフ、及び、スターリノに配備の3個装甲師団により、第19装甲師団と第3装甲軍団HQの救出を企図するが、第7装甲、第11装甲の両師団は、赤軍の強力な攻勢の中に飲まれていく。

唯一危機を脱した、独第3装甲師団だけがスターリノの陣地線の守備につく、側方の支援は第333歩兵師団と2個ハンガリー軍警備師団だけである。

赤軍は、独救出部隊との死闘に第7戦車、第10戦車の両軍団を失うが、第3戦車、第18戦車、第25戦車の3個軍団に精鋭第26戦車軍団の増援を加えた。
都市攻略のためには機械化部隊だけでの攻撃は不利と判断し、後方からの第35親衛狙撃兵、第38親衛狙撃兵、第44親衛狙撃兵の3個師団との歩調を揃えスターリノに迫る。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++駆足作戦リプレイ | 14:50 | comments(0) | - |
なぜ?OCS(2)
なぜ、ワニミはOCSなのか?

前回、
OCSは勝利を目指さないから。」だ。
と、しています。

今回は、ZOCについてです。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSの魅力 | 01:44 | comments(5) | - |
OCSの矛盾点(v31+EatG)
タイトル変えました。(06.01.10)

OCSシステム解説
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)

OCSの良い点ばかり記事にしてると、どこかでまた「ヤラセくさい。」とか言われるので、OCSで気づいた矛盾点も記事にしておく。

矛盾点なので、定量的評価までは踏み込んで評価していない。
あくまでも定性的な評価までで、"有る/無い"、"2者を比較して大きい小さいの順"までで評価したい。

ハードウェアのカタログデータに拘った、数値評価までは知識も無いし、興味もありません。
-----------------------------------------------------
他のシミュレーションゲームでOCS程に本気で取り組んだのは、
PFB(PerFect Baseball)(日本プロ野球ペナントレースシミュレーション)
MK2K(Mig Killer 2000)(現代空戦戦術級シミュレーション)
ソロモン夜襲戦(第2次大戦艦隊戦会戦級シミュレーション)
くらいです。

こちらのシステム群は、デザイナ氏の技術者視点での現象解析結果がシステムのベースになっていて、ワニミのレベルで矛盾点に気づく内容では(当然)無かった訳ですが、OCSはどうでしょうか?
-----------------------------------------------------
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSシステムの効能 | 01:31 | comments(10) | - |
容量が足らん!!
ここ(B-Blog)の容量が足りません。

ブログを始めて、まだ2ヶ月半
容量の40%(3.772MB/10.0MB)も使用中です。

このペースだと、あと半年持たずに、お腹いっぱいです。全然、容量が足りません。
いつも写真を相当劣化して上げてるのに。
(写真1枚は30KBも行かんでも、150枚もあると流石に。)

これからは、写真少なメで行きます。

やっぱり、ヤフー(Ahoo)に変えようカナあ。
あっちなら、2GBまでだからこっちの200倍、(今のペースで、)100年は行けます。
写真も高精彩でUpできるので、ユニットを綺麗に表示できますし。
(これは、別にどっちでも、ええねんけど。)

ブログサービスは無料で、いつ終わるか分からんから、そのときを覚悟しつつ。
| 鰐見(ワニミ) | ブログのこと | 16:30 | comments(5) | - |
手順の効能
OCSシステム解説
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)

システム紹介には、ターンシーケンスの説明がツキモノみたいなので、一応手順を解説。
*手順の前後関係を明確化すべき点も追記しています。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSシステムの効能 | 23:57 | comments(2) | - |
角が切ってある。
OCSのソロプレイをしている。
地図を広げ、ピンセットでコマを動かし、CRTをみてサイを振る。

妻が、
「あ、角が切ってある。大掃除の時もこれ位、マメにしてくれたら、...」とボソリ。

「う〜ん、本気度が違うのだよ、本気度が。」
(心の中で返しておく。)
| 鰐見(ワニミ) | 仕事・家族のこと | 03:38 | comments(0) | - |
ゲーム猿に掲載された!
ワニミのブログにご来訪いただき、誠に有り難う御座います。

東京のゲームサークル:IMMELMANNの会員
たかさわさんのホームページ A Home Of Game Apes王冠
"閲覧したページ"にワニミのブログが載っていました。

この影響で、年末から急にアクセス数が増えています。大変、嬉しいです。

始めは「自分に向けて」などと嘯いたりしていても、アクセス数が増えると結構モチベーションが上がって記事のペースが上がったりします。
それに、"閲覧したページ"の更新が気になったりもします。
(この辺が、トラックバックの流行る要因なのかも?、です。)

元々、ゲーム猿のページには、
・OCSの研究記事や
・ゲームサークル:IMMELMANNの例会でのOCSプレイ記事、それに
・年に一度のOCS祭り:"猿遊会"記事が載ってたりして、大ファンでした
ので、今回の"閲覧したページ"掲載は結構、感慨深いものがあったりします。

先日は、信長さんの軍団のご一行とEatGキャンペーンプレイの機会に恵まれたりと、この方面のメジャー所との接近遭遇が続いています
| 鰐見(ワニミ) | ブログのこと | 03:03 | comments(2) | - |
駆足作戦リプレイ(1)
Operational Combat Series:Enemy at the Gates(The Gamers/MMP)
Scenario 8:Operation Gallop リプレイ解説
駆足作戦 SetUp完了
写真:駆足作戦 SetUp完了

戦域のドネツ河渡河点は3箇所、赤軍策源(Starobesk)(写真:右中程)から、
1)真南やや東のFtr-Pico集団軍HQ付近(Varoshilovgrad地区)(写真:左下=赤軍策源から伸びる鉄道での渡河点)、
2)真南やや西の第3装甲軍団HQ付近(Lisichansk地区)(写真:上部中央=赤軍策源から伸びる道路での渡河点)、そして
3)西に迂回した独第19装甲師団後背付近(Karnyi Liman〜Slaviansk地区)(写真:最上方中央=奥の空白地帯)である。
史実の駆足作戦では、3)Karnyi Liman渡河点でドネツ河を渡河するため、ポポフ戦車集団が、大挙して前進突破している。

本シナリオの赤軍は、ドネツ河を渡河した後、更に南下しスターリノ市街に侵入する必要がある。
部署されている第1親衛軍HQの配給範囲は15MA(装輪)と広く非常に優秀で、渡河点:2)Lisichansk地区を通せば現在地からスターリノまで道路沿いに補給が届く程だ。
が、3)Karnyi Liman地区を迂回した大外ルートで届く程ではない。

そこで今回、赤軍は2)Lisichansk地区を主攻とし、3)Karnyi Liman〜Slaviansk地区から助攻を行い、1)Varoshilovgrad地区では戦線の維持だけとする作戦で臨む。

独軍は防御側であるため、逐次の対応となるがロストフ周辺の第3装甲、第11装甲の両師団を早急に北上させ、機動的に敵軍を叩いて行く。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++駆足作戦リプレイ | 18:50 | comments(0) | - |
駆足作戦リプレイ(0)
Operational Combat Series:Enemy at the Gates(The Gamers/MMP)
Scenario 8:Operation Gallop リプレイ解説
駆足作戦 全景
OCSシステム慣熟ソロプレイも回を重ねEatGのミニシナリオは残すところ、シナリオ8:駆足作戦だけとなった。
これまでのシステムと作戦・テクニックの理解を確認するためにも、じっくりと取り組んでみたい

プレイを開始した。
兵力規模が適度で、プレイに負荷が小さくそれでいてイロイロと手数がある。
プレイしていて大変楽しい楽しい、OCSのインスト向きシナリオと言える。
天候が晴れやすくて航空作戦もあり、両軍に砲兵戦力装甲/戦車戦力もあり、更に赤軍に親衛狙撃兵が出てくる。
(その上、大河の渡河あり、大都市攻撃ありと地形効果も出揃いますし。それに航空輸送もありました。)

このシナリオを最初にOCSに入るとかなり有効だと思う。
(星作戦の独軍も、ある意味OCSインスト向きです。"SS装甲師団の楽しみ"から入ると言うパターンですが。)
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++駆足作戦リプレイ | 02:04 | comments(1) | - |
橋梁の効能
OCSシステム解説
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)

橋梁の効能
HQと工兵は架橋能力を有します。
浮橋部隊(Pntoon Bridging)は浮橋能力を有します。

河川の追加移動力と戦闘修正は、部隊の移動Type(装軌/装輪/徒歩)、河川等級(ヴォルガ級大河川/主要河川/小河川)、天候(凍結/氷結/雪解け)、架橋種(なし/橋梁/浮橋)の4種のパラメータで決定します。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSシステムの効能 | 00:00 | comments(0) | - |
SPの効能
OCSシステム解説
Operational Combat Series(The Gamers/MMP)

補給ポイント
SPの効能について:
SPは毎ターンの増援フェーズに補充として到着します。
1SP=4T(トークン)(=1500t)で、両替自由です。
続きを読む >>
| 鰐見(ワニミ) | ++OCSシステムの効能 | 00:00 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2006 >>
+ RECOMMEND
科学的世界像
科学的世界像

・ファン・フラーセンの構成(主義)的経験論ですワ

・一応、『MMSモデル』の参考書と言う事で・・・
+ RECOMMEND
一般システム理論―その基礎・発展・応用
一般システム理論―その基礎・発展・応用

・ベルタランフィの一般システム論ですヨ("悪しき"とかナンとか・・・)

・一応、『戦理モデル』の参考書と言う事で・・・
+ RECOMMEND
名指しと必然性―様相の形而上学と心身問題
名指しと必然性―様相の形而上学と心身問題

・クリプキの指示論理ですネ

・一応、『戦史モデル』の参考書と言う事で・・・
+ RECOMMEND
ビジネスに活かす!最新・米軍式意思決定の技術
ビジネスに活かす!最新・米軍式意思決定の技術

・OCSの基本コンセプト:機動戦(Maneuver Warfare)理論(ボイド・サイクル=OODAループ)に関して日本語で読める本です!
+ RECOMMEND
不確実性への挑戦:意思決定分析の理論
不確実性への挑戦:意思決定分析の理論

・大系的な説明で魅力的なのですが、応用/実践には、・・・。
+ RECOMMEND
軍事学入門
軍事学入門

・漸く入門しました。
・理路整然とした心地よい説明文です。
+ RECOMMEND
ガダルカナルの戦い―アメリカ側から見た太平洋戦争の天王山
ガダルカナルの戦い―アメリカ側から見た太平洋戦争の天王山

・オリジナルゲームの参考資料です。
・米軍視点なんで、新たな発見も・・・
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
戦争の本質と軍事力の諸相
戦争の本質と軍事力の諸相

・「戦争論」への言及とか、クレフェルト氏の寄稿とか・・・。
・すーっと、読んでしまう内容でした。
+ RECOMMEND
戦闘の科学:軍事ORの理論―捜索理論,射爆理論,交戦理論
戦闘の科学:軍事ORの理論―捜索理論,射爆理論,交戦理論

・ビジネス書に飽き足りない"貴方"にもお奨めデス。
+ RECOMMEND
統合軍参謀マニュアル
統合軍参謀マニュアル

・「一般企業のスタッフ部門に属する人々にとってもきわめて有益」だと思います。
+ RECOMMEND
利己的な遺伝子 (科学選書)
利己的な遺伝子 (科学選書)

・はい、歴史的名著だと思います。
・現代思想の一潮流では有りますヨネ。
・シミュレーションに関する言及もありますよ。
+ RECOMMEND
数理社会学入門
数理社会学入門

・判ってるつもりでいたのに、実はよく知らなかった事が出てきて、とても心地良く読めました。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
言語哲学大全 3 意味と様相 (下)
言語哲学大全 3 意味と様相 (下)

・この巻が一番良い感じ!デス
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE