ワニミのブログ

(ダメゲー ウォーカーのマニアックな日記)
ゲームのこと、日々のこと、いろいろ。自分に向けた、ハ ナ シ 。
「言論の自由、表現の自由、思想信条の自由のある民主主義体制に感謝しつつ。」
Sorry, Japanese language only.
BG 第2回
某所で開催中の
Operational Combat Series:Baltic Gap(The Gamers/MMP)
バルティックギャップ キャンペーンの第2回セッションに参加してきました。(関連リンク:1王冠 / 2王冠 / 3王冠 / 4王冠)

バルト戦区に着任
写真:バルト戦区に着任

○ソ連赤軍第2バルト正面軍(プスコフ戦区)担当としての参加です。
(前回は不参加でしたので、本キャンペーンは初参加。でも、メンバーはいつもの人ばかりだったので、リラックスムード楽しい)
とりあえず浸透
・最初の手番が来ましたので、攻撃期で戦線に穴を開けたら・・・・
・予備指定の機械化旅団を突破期に敵戦線後方へと投げ入れますヨ
ソ連邦英雄
写真:ソ連邦英雄として赤軍大本営に推挙の第39親衛機械化旅団
・途中、敵軍団司令部なんかを踏んで行きましたので、独軍は戦線の南端まで補給が届かないらしいです。
(一般補給線の届かない部隊は、StepLossをダイスで判定します。)

・オポチカとイドリツァの辺りは、棚ボタで解放!
・さらに、反撃にも耐えて弾薬切れまで奮戦中!!
(最後にはStepLossしましたので、再建してあげないと・・・。でも戦車旅団は高いのです。)


バルト戦区全景
プスコフ戦区
写真:第1、第2バルト正面軍の戦域(右が北方向)
・ダウガピルスを解放後、ドゥビナ河沿いにリガへ迫るのが、第1バルト正面軍戦区
・プスコフから南向きにイドリツァへと続く要塞線を押しつぶすのが、第2バルト正面軍戦区


第2バルト正面軍=プスコフ戦区
プスコフ解放
写真:プスコフとオストロフを開放し、後退する独軍を追撃する第2バルト正面軍
・いよいよ、今回セッションの最終ターンです。第11ターン(’44年7月29日)には・・・
・4ターン連続でイニシアティブが取れずに後攻の赤軍が遂に先攻を獲得!
・(第2バルト正面軍戦区には、)良いタイミングでのダブルムーブとなり、プスコフとオストロフを相次いで解放!!
・独軍陣地線の後方にあるヴェリカヤ河渡河点までも押さえる
・独軍歩兵部隊の南方からの撤退に殿(捨石)として抵抗中のリトアニア義勇兵は完全に包囲下へ

・後攻で独軍は、タイガー中隊でオストロフ近郊のヴェリカヤ河渡河点を奪還し、主力歩兵部隊を後方へと撤収させて行く
・リトアニア義勇兵は、一般補給切れでStepLossしていく。


イニシアティブは水モノ
ダブルムーブは強力です。
・もっと早いターンに先攻がとれていたら、無防備のリガ市内に第1バルト正面軍の先発隊が入城していたかも知れません・・・から。

●ベースは後攻
・相手にイニシアティブをとって後攻を選択される状況は、出来れば避けたいです。
・だって、「先攻しても良いよ」「次、ダブルムーブしちゃうから」って事ですから、圧力を掛けて、先攻争いにしておかないと・・・。
・もしくは、後攻を取っちゃうのも良いです。緊要の課題が無いならネ。

・第2バルト正面軍戦区で言いますと、次のターンに赤軍が先攻を取ると、今度は独歩兵主力と補給源の間に壁をつくるチャンスがある状態なので、次も先攻争いが楽しみです。


○そして、意外と・・・
・本戦区の独軍は反攻して来ませんでした(、装甲師団なんかはまあ兎も角としても)、突撃砲大隊すら見かけませんでしたヨ、プスコフ周辺では。虎の中隊だけは暴れてましたけど・・・。
(前回の戦いが死闘の連続だったのかも・・・、ちゃんと引き継ぎしておけば良かった。)

※ 実はもっともっともっと、大胆に行くべきだったのカモ?
(SP量の都合もあるし、"もっと"と言うのが難しいカナ。)

参考文献:タイムズアトラス第二次世界大戦歴史地図P.150-151 バルト海1944年-1945年



○あ、そうだ、そうだ。
OCSをやってる横で、GCACWのルールの確認をしている方々がいらっしゃいました。
・ゲームシリーズが二つあって、シリーズルールとタイトルルールがあって、ルールのVerに新版と旧版があって、それに英語ルールと日本語ルールがあって・・・、その又、私訳があって公式があって・・・、あとCRTがアレで・・・。
・自作のサマリが追いついて無いから・・・、も、もう、あ、頭が混ざるぅ〜〜〜。
| 鰐見(ワニミ) | ++多人数プレイ | 23:30 | comments(0) | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ RECOMMEND
科学的世界像
科学的世界像

・ファン・フラーセンの構成(主義)的経験論ですワ

・一応、『MMSモデル』の参考書と言う事で・・・
+ RECOMMEND
一般システム理論―その基礎・発展・応用
一般システム理論―その基礎・発展・応用

・ベルタランフィの一般システム論ですヨ("悪しき"とかナンとか・・・)

・一応、『戦理モデル』の参考書と言う事で・・・
+ RECOMMEND
名指しと必然性―様相の形而上学と心身問題
名指しと必然性―様相の形而上学と心身問題

・クリプキの指示論理ですネ

・一応、『戦史モデル』の参考書と言う事で・・・
+ RECOMMEND
ビジネスに活かす!最新・米軍式意思決定の技術
ビジネスに活かす!最新・米軍式意思決定の技術

・OCSの基本コンセプト:機動戦(Maneuver Warfare)理論(ボイド・サイクル=OODAループ)に関して日本語で読める本です!
+ RECOMMEND
不確実性への挑戦:意思決定分析の理論
不確実性への挑戦:意思決定分析の理論

・大系的な説明で魅力的なのですが、応用/実践には、・・・。
+ RECOMMEND
軍事学入門
軍事学入門

・漸く入門しました。
・理路整然とした心地よい説明文です。
+ RECOMMEND
ガダルカナルの戦い―アメリカ側から見た太平洋戦争の天王山
ガダルカナルの戦い―アメリカ側から見た太平洋戦争の天王山

・オリジナルゲームの参考資料です。
・米軍視点なんで、新たな発見も・・・
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
戦争の本質と軍事力の諸相
戦争の本質と軍事力の諸相

・「戦争論」への言及とか、クレフェルト氏の寄稿とか・・・。
・すーっと、読んでしまう内容でした。
+ RECOMMEND
戦闘の科学:軍事ORの理論―捜索理論,射爆理論,交戦理論
戦闘の科学:軍事ORの理論―捜索理論,射爆理論,交戦理論

・ビジネス書に飽き足りない"貴方"にもお奨めデス。
+ RECOMMEND
統合軍参謀マニュアル
統合軍参謀マニュアル

・「一般企業のスタッフ部門に属する人々にとってもきわめて有益」だと思います。
+ RECOMMEND
利己的な遺伝子 (科学選書)
利己的な遺伝子 (科学選書)

・はい、歴史的名著だと思います。
・現代思想の一潮流では有りますヨネ。
・シミュレーションに関する言及もありますよ。
+ RECOMMEND
数理社会学入門
数理社会学入門

・判ってるつもりでいたのに、実はよく知らなかった事が出てきて、とても心地良く読めました。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
言語哲学大全 3 意味と様相 (下)
言語哲学大全 3 意味と様相 (下)

・この巻が一番良い感じ!デス
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE